--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 12. 15  
最近、「百間滝へはどうやって行ったらいいのか?」と質問を

受ける事が多くなりました 嬉しい事です。


百間滝は凄い、凄いと言いながらルートを紹介してなかったので

今回は『百間滝への道』ということで書いてみます



まずは大雑把に言うと、大島ダム(朝霧湖)
 
にそそぐ小川の上流にあります

大島ダムへは JR飯田線 の三河川合駅 を目指して行かれると

判りやすいです。

但し、電車で行っても駅から百間滝までは、かなり距離が有りますので

歩くのは大変だと思います


≪車での行き方を説明します≫

車にナビがついてる方は・・・

『名号温泉うめの湯』 
愛知県新城市名号字袋林28-2
(TEL) 0536-33-5126 

を目指して下さい。


豊川・豊橋方面から来られると愛知県民の森を越えて少しすると

道路の左下にうめの湯があります。


うめの湯をすぎるとすぐに サークルKが右側に見えます
101130_143444.jpg
その先、100M程で交差点が有り、右に曲ると大島ダム(朝霧湖)

に向かいます


大島ダムに向かって、道なりに進んで下さい。

ダムを右に見ながら、トンネルを二つ過ぎると
101130_142239.jpg
この景色になります。

このまま道なりに進んで頂くと道幅が狭くなります
101130_141946.jpg
対向車に気を付けながら進んで下さい

一瞬、道が広くなりますが、矢印↑方向の細い道に進みます。
101130_141513.jpg

すぐに小さな橋のあるT字路が見えてきます。
101130_141252.jpg
ここを右に進みます

この看板が目印です。
101214_145559.jpg

よく見ると『百間滝』への案内板もあります
101130_141217.jpg
ここまで来たらパワースポットは目の前です


到着です左側に水汲み場があります。
101116_095357.jpg
(写真は上がって来た車を正面から撮っていますので右に水汲み場が有ります)

平日でも数台の車が順番待ちをしています

水汲み場の10M程先に『百間滝』の降り口が有ります。
101116_095310.jpg
道を下って行くと左右に道が分かれていて、右が百間滝の滝壺

左がパワースポットです

101214_142620.jpg

左に下りて来て、この辺りが特に強い“パワースポット”だと

言われています


分杭峠の1.5倍というパワーを

あなたも感じてみて下さい



道がまだ判りにくい方は・・・

『からだ回復センター新城』にお電話下さい


スポンサーサイト
NEXT Entry
新年から感動しました(TT)
NEW Topics
引っ越しました~!!
47 回目・・・ でした。
ブログ始めました・・・・・・・・友達が(^^)
アンビリーバボー!!
行って来ました~っ!(^^)!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。